庭園

綺麗に芝張りを行なう│時期やデザイン性も考えてみよう

三角ホーで農業が楽になる

庭と男性

農業では最大の敵は雑草です。そのため、主な仕事の一つが草取りとなります。その草取りを楽にしてくれる道具が三角ホーです。機械ではなく便利なので、最近ではガーデニングや家庭菜園などで一般家庭でも普及しています。

もっと読む

刃とコードの話です

草刈り

芝刈り機には刃のタイプにリール式とロータリー式の2つがあります。もしも、家庭でガーデニング目的で使うのならばリール式がオススメです。なぜならば仕上がりが綺麗だからです。また充電ではなくコードのタイプもあります。

もっと読む

ガーデニングで芝を張る

芝張り

芝の張り方

ガーデニングで芝張りをする方法には大きく2通りあり、芝生が生えた状態のマットを敷いていく方法と、種を直接まく方法があります。芝張りの方法として、マットを敷きつめて張っていくべた張りがあり、隙間なく密生させる事ができますが芝生の量が多くなる為費用が高くなります。べた張りよりも安く済ませて密生させる方法として、目地張りがあります。目地張りの場合にはマットとマットの間を数センチずつ開けて敷き詰めていく方法であり、敷いたばかりの頃は間から土が見えますが、時間が経つ事で隙間が見えなくなります。更に経済的な張り方として、市松張りや筋張りなどがあり敷き詰めるというよりも隙間を開けて敷いていくのでデザイン豊かな芝の配列になります。

綺麗に芝を張るコツ

芝張りを行う時期は芝の種類によって異なり、高麗芝の場合には3月から6月頃にかけて芝張りを行い、西洋芝の場合には9月から11月にかけて種まきを行います。絶対的に必要な生育条件として、日当たりがよく水はけが良い事が大切であり、下地には水はけがよい砂や山土を使用します。下地をしっかり整える事で、水はけがよい土壌を作る事ができます。張ったばかりの芝生は乾燥しやすいので、水管理をしっかりしてたっぷり水をあげる事が大切です。刈り込みを行ったり目土入れをするなど手入れをする事で、芝生の凹凸を無くして綺麗な芝づくりをする事ができます。自分で芝張りを行う時間が無い人や、綺麗に張る自信が無い人は専門業者に芝張りを依頼する事も可能です。

雑草対策や防犯に活躍

玉砂利

これから庭に砂利を敷こうと考えている方は、ぜひネットにある、庭砂利人気ランキングをご覧になってみて下さい。砂利によって雰囲気も大きくかわりそうです。防草シートや敷く高さに注意して、見た目も防犯面でも満足できる庭にしてみて下さい。

もっと読む