ウーマン

綺麗に芝張りを行なう│時期やデザイン性も考えてみよう

刃とコードの話です

草刈り

リール式とロータリー式

ガーデニングにあると便利なのが芝刈り機です。これ一つあるだけで、手間がかかる芝のメンテナンスを大幅に楽にしてくれます。その芝刈り機には大きく2つのタイプに分けられます。それはロータリー式とリール式です。2つとも刈り刃の種類を示しています。ロータリー式は円盤状ののこぎり刃を水平にして刈っていきます。リール式は円柱に刃がついているタイプです。どちらもそれぞれ違うメリットを有しているため、状況にもよります。ただ一般的な家庭ではリール式のほうが適しているかもしれません。というのもリール式の芝刈り機のほうが仕上がりが綺麗になるからです。やはり、ガーデニングをしている人は見てくれる人を楽しませるのが目的です。

コードがあると便利です

もし家の庭でガーデニングをするならば、電動でコード式の芝刈り機が便利です。つまり、一般的な掃除機のようにコードから電気を得ながら作業をするわけです。充電式と違って電池切れになる心配もなく、さらに比較的馬力もでますし、安定もします。ただし、コード式にもロータリー式とリール式の二種類があります。コードのある芝刈り機を利用するのならば、その場合はリール式のほうが良いです。というのも、ロータリー式だとその構造上、芝を刈っている最中にそのコードを切断してしまう可能性がリール式より高いからです。もしも、ロータリー式でコード式の芝刈り機を利用するならば、コードを切断しないよう注意しながら行なう必要があります。